若ハゲには、AGA専用育毛剤

若はげになると、周りの人には、「大した問題でもない」、「もし自分がハゲたらスキンヘッドにする」など
好き勝手いわれますが、当の本人にとっては深刻な問題です。

逆に、そういった人に限ってハゲると、オドオドする傾向にあるくらいです。

若ハゲには、様々な原因がありますが
ストレスや食事環境による影響と共に、AGAが原因である場合がほとんどです。

AGAとは、男性型脱毛症のことで遺伝要素が強いともいわれ
男性ホルモンによる影響によって、放置するとハゲが進行していきます。
また、AGAは対処が早ければ早いほど改善する確率が高いと言われています。

そして、このAGAの進行を食い止めるのに有効なのが育毛剤です。
様々な若ハゲの対処法があるなかで、費用対効果が一番高いと言われています。

チャップアップのバナー


当サイトでは、管理者が若くしてハゲてしまった経験から
実際に自分が使ってオススメできる育毛剤をご紹介しています。

コスト面を考慮しつつ、効果を実感できた育毛剤を使うことで少しでも若ハゲに悩む方が改善できればと思っています!

脱毛ラボ

若はげに人気の育毛剤ランキング

チャップアップ

チャップアップのバナー


もう一つ人気なっているチャップアップは、使用した人のほとんどが満足をしている育毛剤です。
頭皮の環境を整え育毛を促す効果も、抜群に高いです。

チャップアップを詳しく見る

薬用プランテル

薬用プランテルのバナー


薬用プランテルはM字はげに特化している育毛剤ですが、常に上位を争うほど人気です。
特化している育毛剤が上位にいるということは、それだけM字はげに悩まされている人が多いということでしょう。そんな多数の人を悩ますM字はげに効果があれば、人気が高くなるのも分るはずです。

濃薬用プランテルを詳しく見る

濃密育毛剤 BUBKA(ブブカ)

濃密育毛剤 BUBKA(ブブカ)のバナー


育毛剤のBUBKAは、専門家もその効果に驚いた世界初の成分が配合されていることです。
そのため、AGAに対して効果が高く、多くの人から支持をされています。
また、この育毛剤も無添加、無香料なので、安心して使えることも特徴といえるでしょう。

濃密育毛剤 BUBKA(ブブカ)を詳しく見る

M-1育毛ミスト

m1ミストのバナー


M-1育毛ミストは、大抵の育毛剤ランキングで上位になっています。特徴は、無添加で無香料なうえに、男性だけでなく女性にも効果があります。
安全であることと、使える人の対象が広いということは、上位になるには欠かせない要素です。

M-1育毛ミストを詳しく見る

生薬WAKA

生薬WAKAのバナー


生薬WAKAは、若はげに効果のある生薬を複数配合しています。
しかも、水で薄めていないので、若はげに対する高い効果が期待できます。
生薬を100%で作られている育毛剤なので、副作用などが心配と言う方でも安心して使い続けれれます!

生薬WAKAを詳しく見る


http://ジェイエステティック脱毛2014.com/

若はげは、遺伝が大半

若はげとは、抜け毛が多くなる年齢に達していない20代30代であるにもかかわらず
遠目から見てもハッキリ分かるほど禿げが進行している状態を示してしまう症状です。

ちなみに、ハゲといえば男性だけでなく
最近では、女性も多く悩まされるようになってきましたが、若はげの多くは男性です。

原因は様々ですが、そのなかでも遺伝は強い要因の一つだといわれています。

両親または、祖父母のどちらか、若はげであった場合
高い確率で、その子供や孫に症状がでるといわれています。

とくに、母親の遺伝を受けやすいといった研究結果もでており
母方の父親が若はげであれば要注意です。

遺伝的によるハゲの多くは、AGAといわれる男性型脱毛症を発症しているケースが大半です。

AGAは、男性ホルモンが活発に活動した結果、育毛を阻害する物質を結合させます。
つまり、この男性ホルモンの働きを抑えることで、若はげを喰いとめることができます。

AGA自体には健康上の問題はありませんが
ただ若いうちから頭髪を失ってしまうということに対して、自信を失ってしまう人は多いようです。

そのため、家族に若はげの方がいる場合、症状が出てから対処するのではなく
まだ髪の毛がフサフサの時から予防を取っておくことが大切です。

若ハゲの症状は、早い方で10代の後半から発症することがありますが
多くの方は20代後半~30代の前半が多いようです。
したがって、進捗具合にもよりますが、早い方だと10代後半からケアをするといいでしょう。

ケアするタイミングは遺伝と疑われる場合、若ハゲになった両親や祖父母に直接聞くことが一番の近道です。何歳くらいから薄くなりだしたのか、その情報をもとに発症した少し前の年齢からケアするといいでしょう!

家族には、誰もハゲがいないにもかかわらず
若くして、薄毛になってしまった場合は、遺伝的要素が低いといえます。
その場合、ストレスや食生活、睡眠不足などの生活習慣が原因となっていることが考えられます。

そのため育毛剤やクリニックでのケアをする前に、まずは今の生活習慣を見直してみましょう!

Iライン 脱毛 痛み